モテ女@貴女に夢中!! > 魔女の条件 > 男性があなたへ手を伸ばし、掴むのは自由ですが、男性があなたを離すのは、勝手にできなくなります。

魔女の条件

男性があなたへ手を伸ばし、掴むのは自由ですが、男性があなたを離すのは、勝手にできなくなります。

恋したら女の子は、誰だって綺麗になりたい。
素敵なレディにかわることができる日を、いつだって夢にみている。



彼への恋のステップを、歩きはじめているのに、
わかってはもらえない、わたしのこの気持ち。
鏡の前に座り、彼と唇を重ねることを想ったこと
彼には内緒よ。
そしてわたしは今日も、またひとつ深いためいきをついた。



恋はいつでもどんなときでも、あなたの心を独り占めしてしまいます。
あなたの心を切なく揺り動かしてしまうのが、恋というもの。
恋心という魔法に魅せられ、
恋に心を奪われてしまった、あなた。



でも、気がついていましたか?
今まで恋に心を奪われてしまっていた、あなただからこそ
これから、素敵な男性の心を掴んでいけるということを



素敵な男性の心を独り占めにしてしまえるのは、
今まで恋心に身を預け、心を痛めて悩んできた、あなたなのです。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=73&iid=3751



人は誰でも人を愛すると、不安になってしまうものです。
そんな不安な気持ちを、彼に投げてばかりしまっていると、
彼の方も、あなたに対して不安な気持ちになってしまい、
やがて、あなたの気持ちも疑うようになってしまうことでしょう。



そうなってしまうと、
彼の気持ちを自分の方に繋ぎとめておくことは、
かなり、難しくなってしまいます。
「愛しているから」こその、気持ちの伝わらない歯がゆさ。
そんな歯がゆさを感じることなく、
愛する人の心を虜にしてしまう魔法が、
ひとつだけあることを、わたしは知っています。



ふと、ひとりの時間を過ごしているときに、
考えてしまうことがありませんか?
「本当の愛って、どこにあるのだろうか」と。



女性であれば誰だって素敵な恋愛をして
その素敵な男性と結婚して、子供を授かり
幸せな家庭を持ちたいと願ってやまないものです。



そう強く思うからこそ、その幸せの方程式から
少しでもはずれてしまったりして、道が反れてしまうと
自分はもう幸せにはなれないのではないかと、
次の恋をすることに臆病になってしまったりしますよね。



恋をすることで得られる幸せというものが、
永遠にあなたの目の前に訪れることがない、ということはありません。
今まで恋に悩んで考えてきたあなただからこそ掴める答えが、ここにあるのです。



いつでもどんなときでも、あなたは恋のことで悩んでいませんか?
ただ悩んでいるばかりでは
あなたの心と彼の心は、繋がっていくことができません。
恋愛というものは、どんなことでも
あなた自身の気持ちがしっかりしていないと、何もはじまってくれないのです。



男と女としての恋愛の基本は、
あなたと彼との人間としての繋がりではなくて
あなた自身の人間としての強さが、
すべての幸せをもたらしてくれるものなのです。



いくら強い女性になれと言っても、彼との気持ちの繋がりはとても大切です。
でもそれは、あなたが幸せな恋愛を手に入れるということとは、
まったく別の話なのです。
だって、いくら付き合っているからといっても
彼が、あなたのことすべてに
責任を持ってくれるわけではありませんよね?



幸せになりたい。そう強く思うことこそが、一番大切なのです。
素敵な恋愛とは、あなた自身が人間として強くなれる恋愛なのです。



「大きな気持ちで、人を愛することができる」
「大切だと思う人のことを、守ってあげることができる」



あなたが強い人間になれれば、必ず、
大切な人や素敵な人は、あなたのもとにやってきてくれます。



人は生きていくための力として、幸せを掴むために頑張っているのです。
幸せというものは人を好きになると、どうしても
恋愛や愛する人の側にあるものだと勘違いしてしまいがちですが
でも、それも本当は違うのです。



本当の幸せというものは、恋愛や愛する人の側にあるものではなくて、
「人を愛することができる」という
あなたの、人間としての強さのなかにあるものなのです。



わたし以外の恋愛心理を執筆されている、多くの方は
恋人や好きな人とのよい関係をつくるようにアドバイスされていると思いますが、
わたしは違います。
本当の心というものは、
自分自身が、大切な人をどれだけ守ってあげることができるかということ。
素敵な恋愛がしたいあなたは、
まず素敵な女性であるべきなのです。そして、
その実力で女性としての価値が決まり、愛が決まるのです。



「幸せな恋愛のすべては、あなた自身の人間としての強さ」なのです。



今まで恋という言葉に踊らされてきてしまった、あなたの大切な世界観を、
すべてあなたのものへと、取り戻していきましょう。
本当の幸せは、あなたのかなり近いところにあるのですから。




ひとりの男性を愛したときにみえてくる、ひとつの道。
そのひとつの道から外れてしまったときに、
あなたは自分自身を悲観して、落ち込んでしまったり
もう恋なんてしないと、嘆き悲しんだりします。



でも、その道は本当にあなたが進むべき道ではなかっただけで、
道から外れてしまったわけではないのです。
あなたが進むべき道と違っていたので、
神様がそれとは違う道を進むようにと、そっと教えてくれたのです。



あなたが女性としての幸せを掴むために進む道は、ひとつの道ではないのですが、
あなたには、今までひとつの道しかみえていなかったのです。
もう、恋や愛だと悩む前に
男に振り回される人生なんて、こっちから捨ててやりましょう。
所詮男なんて、女の身体から生まれてきて
女の身体の中へ、還っていくものなのですから。
本当は、あなたが泳がせてあげていただけなのですよ。
知っていましたか?



恋はいつでもどんなときでも、
あなたの心を切なく揺り動かしてしまいますが、
あなたは今日から、恋に心縛られる必要はないのです。
なぜなら「恋」とは、下心。
下心なくして、恋をしていくことは不可能なのです。



男性と女性として、出逢う機会を持つことができるということと、
恋愛をして気持ちを相手に預けていくということは、まったく別のものなのです。
気持ちは男性が女性に預け、それを動かしていくのが女性なのです。
だって、所詮男なんて女の身体から生まれてきて
女の身体の中へ、還っていくものなのですから。
本当の恋の答えはいつだって、あなたの中にあるものなのです。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=73&iid=3751



デートへ誘ってくれたり、パーティーを企画してくれたり、
イベントを用意してくれたり
男女の出逢いというものは、
男性の方から女性の方へと用意されたもののようにみえますが
実はそうではないのです。



本当の幸せというものは、いつだって女性の中だけにあるものなのです。




「男女の出逢いの機会は、常に女性のために用意されたものである」
このことを男性と出逢ったときに、最初に強く認識しないといけません。
このことを強く認識していないと
何度、素敵な男性に出逢っても同じ悲恋の繰り返しです。



女性として生まれてきた以上、男性に対して
きちんとした見極めの目を持つということが、とても大切です。
出逢いというものには誰でも、夢があり、希望の条件というものがあります。




マイホーム選びと同じで、どんな家でもいいわけではないのです。
どんな男性とでも、素敵な恋愛ができるとは、
まさかあなたも思っていないでしょう?
だからこそ先見の目を持って見極めていくということが、とても大切なのです。



男性というものは、女性が一度自分の手中に堕ちたかと思うと
行動的になり、気持ちだけで簡単に動くようになってきます。
その反対で女性は、男性との恋のはじまりを感じ取ると
冷静に判断して、考えてから行動することができるようになってきます。
恋がはじまる前とはじまってからとでは、
男性心理と女性心理には、大きな違いがあると言えますね。



このことから、女性が素敵な恋をするためには
恋がはじまってから、冷静さを取り戻すのではなく
その男性と出逢った瞬間から、本当に恋をしていい相手かどうか
きちんと見極めていくということが、最も大切なのです。



その見極めの基準として
愛する人の心を虜にしてしまう魔法を、あなたのものにして、
あなたの恋をする相手を選んでいくといいでしょう。
魔性の女になるためには、条件があるのです。




男性は女性の身体の中から生まれてきて
女性の身体の中へ、再び還っていくもの。
あなたは彼にとって、大きな海なのです。



この世の中は上手く泳ぎきることができれば、パラダイスです。


男性があなたへ手を伸ばし、掴むのは自由ですが
男性があなたを離すのは、勝手にできなくなります。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=73&iid=3751


<<小悪魔な女になる方法、いい女になる秘訣、知りたくないですか? | モテ女@貴女に夢中!!トップへ | このマニュアルは絶対に一生手放すことができません!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa